さすらいドラゴン徒然日記

日々の出来事を適当に

みんなあたる!?皆中神社からの台湾ラーメン 心斎橋 味仙@新宿

1月21日㈫

難攻不落と聞くと
後北条家の小田原城加藤清正が築いた熊本城、日露戦争時の旅順要塞、第一次大戦時フランスのヴェルダン要塞など沢山あります。
が、ついに陥落しそうです。

そう、私の身体が……
今日は健康診断でした。体重を見てビックリ仰天
これはギリギリアウトかな?もちろん最終結果待ちですが。そう、あの恐ろしいBMI師匠の軍門に降る日が近いかも……

せめて憂さ晴らしにボートでも当たれば良いのですが最近の調子がすこぶる悪い
せっかく大久保に来たので邪気を払います。

皆中神社です。
f:id:dora5n:20200122070356j:image
読み方は皆中(かいちゅう)です。
この読み方を変えると みなあたる とも読め
ギャンブルや宝くじ等、すの筋には絶大な人気があります。

鉄砲隊に関係があるみたいです
f:id:dora5n:20200122070413j:image
江戸時代に鉄砲隊の一人が射撃が思うようにいかず
この神社にお参りしたら百発百中になったとか。

拝殿
f:id:dora5n:20200122070421j:image
OK、OKこれで少しは当たりますように

さて、健康診断のため昨晩から何も食べてません
お腹が空いています
ここから新宿まで歩き
西口のかめやで蕎麦を食べる作戦

新宿までの道中に味仙を発見!
前に師匠と行った名古屋のソウルフード台湾ラーメンです。あの辛さ懐かしいなぁ~でも今日は健康のため蕎麦なのだ。

f:id:dora5n:20200122070433j:image
と通りすぎたら何か違和感が!

戻ってよく見ると
f:id:dora5n:20200122070548j:image
あれ~何か違うぞ
味仙(みせん)ではないです
心斎橋 味仙(あじせん)
なんじゃこれゃ?
どうやら名古屋の味仙とは違うようです。

メニュー看板を確かめます
f:id:dora5n:20200122070603j:image
おっとマトリックス図で4系統に分かれた台湾拉麺
X座標=左「コク強め」・右「あっさり」
Y座標=上「辛くない」・下「辛い」
懐かしいボキャブラ天国を見ているようだ。
この拉麺をボキャブラマトリックスに当てはめると

①台湾麺(タイワンメン・あっさり)インパク
②担仔麺(タンツーメン・ピリッ)シブ知
炸醤麺(ザーチャンメン・ピリピリ)バカパク
④四川麺(シセンメン・激辛)バカシブ

こんな感じでしょうか?

裏には
f:id:dora5n:20200122070631j:image
魯肉飯(ルーローファン)があります。
これはおもしろい、食べてみましょう
いざ店内へ

券売機
f:id:dora5n:20200122070855j:image
壁に貼ってある四川麺の紹介に
「ケツとケツアツの弱い人はご遠慮下さい」
と書かれていました。
血圧ではないケツアツですか?激辛キラーのドラゴンさんを挑発するような文章、ノーマル拉麺で様子見など逃げるに等しいです。
その挑発乗りますよ~激辛四川麺一本です。

コの字のカウンターのみです
f:id:dora5n:20200122070905j:image
台湾の歌謡曲が流れており雰囲気でてます。
おじさん一人で切盛り中

四川麺@900円+魯肉飯(小)@200円
f:id:dora5n:20200122071218j:image
私にとってお昼のランチで1,000円を超える事は滅多にありません。
気合入れて食べます。

この店一番の激辛四川麺
f:id:dora5n:20200122071831j:image
紅に染まっています。ラー油の膜が覆い湯気が出ていません。大量のネギかなと思ったらこれが何とセロリ。どういうこっちゃ

全体をよく混ぜて辛さを均一にします。
f:id:dora5n:20200123235134j:image
切込みが入ったレンゲでスープを一口。ラー油の辛さが来ます、しかし何故かスッキリです。

チャーシューは普通です。
f:id:dora5n:20200122071904j:image

煮卵はカチカチタイプ
f:id:dora5n:20200122071913j:image

続いては麺
f:id:dora5n:20200122071852j:image
細めのストレート、モチモチで柔らか目です。確かに辛いです、でも名古屋味仙の方が断然です。名古屋味仙は唐辛子とニンニクがこれでもかと入っていますが、こちらはラー油の辛さが目立ちます。なので割りとすんなり捌けました。表現的には爽やかな激辛です。その爽やかを演出するのが大量のセロリだったのです。おかげさまでスープまで楽勝でした。ありがとうセロリ

さてもう一つの主役

魯肉飯
f:id:dora5n:20200122071920j:image
魯肉飯は台湾の代表的なかけご飯です。拍子切りまたはさいの目切りした豚のバラ肉をしいたけ・八角・香辛料を入れ醤油ベースで煮込む。台湾の代表的なかけご飯です。八角や独特の香辛料が苦手な人が多いですが私は大好きですよ~

丼を傾けると汁も多めなのが分かります
f:id:dora5n:20200122071930j:image
本場を経験済のドラゴンさんにとって香辛料は控えめなのは残念。後はご飯の水分が多かったです。こういったぶっかけ飯にはパサパサのご飯が好みです。

ブーブー言いながらも完食
f:id:dora5n:20200122071938j:image
セロリが良く効いていて身体にダメージが少なく激辛を楽しめる店です。以外に中毒性があります。またデカい器に入った魯肉飯の単品も楽しめるのも魅力です。場所さえ近ければ良かったのですが…
また健康診断の帰りにでも寄ろうと思います。

ごちそうさまでした。

さて満腹になり引き続き新宿まで歩きます。

新宿思い出横丁に到着です。

f:id:dora5n:20200122072032j:image

入り口を入ってまっすぐ
かめやの聖地、新宿店です。
f:id:dora5n:20200122072039j:image
見てください!
ざらしの中、蕎麦を啜るレトロ感満載です。さすがに今日は無理、BMIになってしまいます。
悔しいですが我慢しましょう。

※翌日爽やかにケツにきましたとさ